2019.9.22

これまでは繊細さを求めて刺繍をしてきましたが、8月頃から日本刺繍の糸を使用するようになり意識が少し変わりました。




絹糸ならではの光沢の美しさや、柔らかさを生かすにはどのように刺繍をしたら良いかを考えるようになりました。

芯に使う素材は、どのような形・色が良いのかが重要なポイントになります。

今まで使用していた金属の芯では、薄い色に影響が出てしまいます。また、汗に弱く錆が心配でした。
この機会に、さまざまな素材を探して一番良いものを見つけたい思います。


写真の刺繍には、透明なアクリル素材を使用しました。
透明なので糸の色に透明感がでて綺麗な仕上がりになったと思います。赤い部分には厚みがあるので絹の光沢や、糸の柔らかさを感じることもできます。
現時点ではこれが一番良い素材かと思っていますが、大きさ・形に限りがあるのでまだまだ試行錯誤が必要になりそうです。

デザインとして美しく、そして使う方が扱いやすいアクセサリーを目指して制作してまいります!

静彩の作品一覧はInstagramでご覧いただけます。▶ https://www.instagram.com/shizusa.iroatsume 

静彩 -shizusa-

絹糸刺繍の作品制作をしています。